読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHF-Z☆ガルニッシュ

MHFの狩日記

辿異種ヒュジキキを討伐せよ①

4/29(土)から休みで、さらに5月1日と5月2日も有給を取り、大型連休となる人も多そうですね。

 

はい。私は仕事です。(休日出勤)

 

こんにちは。社畜&カプ畜のケムソンです。

 

仕事といっても朝出社して、関連業者の業務行程の確認を済ませ、指示を出したらもうやる事ないんですけどね。

 

でも、とりあえずは顔出しておかないとね。

 

だから今も会社のオフィスで記事書いてます。 (何時に抜け出して帰ろうかな~)

 休日出勤(仕事するとは言っていない)

 

 

さて、今週から狩猟解禁となった新モンスターの「辿異種ヒュジキキ」ですが、さっそく行ってまいりました。

 

例によって初見はぼっちPTで弓を担いで☆1の支援クエストで様子見。

f:id:KEMKEM:20170430104325j:plain

 

さすが☆1、弱い!発達部位となっている背中の棘も難なく破壊できました。

結構背中の部位判定が広いみたいで、正面、横、後ろからでも背中に当てる事ができます。(辿異武器の発達部位エフェクトで判断できました。)

 

ただ、剣士では少々当てにくいとの事で、剣士でヒュジキキを狩っていた団員さんと合流してPTを組まさせてもらいました。

 

順にランクを上げて行きましたが、☆4となるとさすがに被弾ダメージ量と体力のタフさが目立ってきて、更に全方向に2回水平に棘を飛ばすモーションも追加され、それに対応できず乙も多発。

さすがに☆4は強いですね。(私が乙りまくりでクリアできなかった)

 

 戦ってみた感想としては・・・

 

【事前準備】

例の如く超咆哮ですが、咆哮する回数も少なくフレーム回避できる、範囲が狭いので遠距離武器だったら無視できる、さほど驚異のないモーションです。

耳栓強化が最適解ですが、なくてもあまり問題ないかと。

 

状態異常系の攻撃は出血、麻痺、避雷針やられの3つ(だったと思う)

出血はアイテムの止血玉で、麻痺は超麻痺ではないので団飯か異常無効スキルで対応可。

避雷針やられは対応不可なので避けるしかない!

 

【脅威となる攻撃】

棘飛ばしを頻繁に行ってきます。しかも原種同様で飛ばした棘が地面に残ります

f:id:KEMKEM:20170430110528j:plain

飛ばした棘に当たったり、地面の棘を踏んだりすると出血状態になります。

 

棘を飛ばすモーションはいくつかあり、一番多いのがその場で飛び上がり前後に棘を飛ばすモーション。

これは回避できますが、正面の間近くと横が安置です、さらに着地後に隙ができるのでメインの攻撃チャンスとなるサービスモーションです。

 

尻尾を振って棘を飛ばす攻撃もあり、モーションに慣れてくれば回避できます。

ヒジキの向きを確認して範囲外に移動することでも対処できます。

そして☆4の、スピンして全方向に水平に2回棘を飛ばす攻撃、1回目は近くに、2回目は遠くに棘が飛んできます。(辿異ティガのスピン真空波っぽいモーション)

回避してもエリアじゅうに棘が残るのでやっかいな攻撃です。

f:id:KEMKEM:20170430105831j:plain

 

 ブレスもあり、こちらは正面単発と左右正面へ3連の2パターンがあります。

いずれも息を大きく吸い込む予備動作で容易に察知できます。

ブレスが着弾した地面から竜巻が発生するので巻き込まれないよう注意が必要です。

f:id:KEMKEM:20170430110614j:plain

 

覚醒後の怒りでその場で上空へジャンプし、巨大な黄金棘を発射する攻撃がありますが、

こちらは発射前にプレイヤーに赤いエフェクトが発生し、ロックオンされます。

 

f:id:KEMKEM:20170430114042j:plain

ヒジキがキョロキョロしたら合図です。

その後、上空から黄金棘をプレイヤー目がけて超高速で発射します。

f:id:KEMKEM:20170430114119j:plain

f:id:KEMKEM:20170430114157j:plain

f:id:KEMKEM:20170430114237j:plain

 

当たれば大ダメージ+落雷です。だいたい死にます。

即死攻撃ではないので、みなもとやログブで対応できます。

発射タイミングでフレーム回避するか、武器出しダッシュしてれば当たりません。

 

さらにさらに、こちらの攻撃、なんとカウンターできます。

発射された黄金棘をタイミングよくガードするとヒジキがスタンします。

キィィィィン!!と音爆弾のSEが発生すればカウンター成功です。

ただし、失敗すれば乙るリスクもあるので自信のない場合はみなもとをお忘れなくw

一緒に行っていた団員さんはカウンターすごく上手でしたw

確実に決めれれば討伐時間の短縮になりますね。

 

 【部位破壊】

・剣士は極長武器で振り下ろせば背中破壊しやすいみたいです。

・背中判定の範囲が広い。(尻尾の付根や後脚の付根でも背中判定)

・背中判定が縦に長いのでガンナーの貫通が有効に感じます。

 

【乙パターン】

乙る時は、ほとんどと言っていいほど「出血」と「麻痺」が絡んでいます。

 

棘に当たる→止血玉使おうとする→落雷→麻痺→そのままスリップで死亡

 

とか

 

落雷→麻痺→黄金棘グサッ

f:id:KEMKEM:20170430114318j:plain

 

 理不尽な乙り方ですが、私の死亡要因の大半がこのパターン

 

出血して武器をしまいアイテム使用までプレイヤーに結構な隙があるので、その間に何らかの攻撃をもらいそのまま畳み込まれる事も多いです。

 

対応策としては武器出し状態でもアイテムを使用できる片手剣かライトを担ぐか、

出血しても慌てずに、ヒジキの隙を見計らって確実に回復する、くらいですかね。

後者に至ってはMHの基本とも言えますね。(基本ができていないケムソン)

あとは団飯かスキルで麻痺対策をとれば更にリスクを低減できます。

 

 

以上ざっくりとですが、ケムソンが感じた辿異種ヒュジキキ戦の感想でした!

 

少しでも参考になれば幸いです!